斉藤すみおの普段着トーク
令和2年4月1日

を掲載しました

皆さん、こんにちは

今日は4月1日(水)です。

 

令和2年度がいよいよスタートです。

新社会人の皆さんも緊張の中、それぞれが新たな人生の第一歩を歩み始めたことと思います。

 

JR札沼線の廃止に伴う代替バス運行が今日から始まり、第1便が朝7時30分に浦臼駅からスタートですが、最初の乗客として、職員数名とともに、乗車しています。

乗り心地もまあまあで、新車のにおいがして新しい感じがぷんぷんでした。

運行をお願いする美唄自動車学校の林社長もお見えになっていて、今後新たな町民の足として末永く活用されることを願っているところです。

 

10時30分からは、月形駅前にて3町関係者や運行事業者、JR北海道綿貫副社長、更にはそれぞれの町長さんが出席して開通祝賀のテープカットが行われ、本格的に運行開始されます。

また、午後2時からは、滝川警察署砂川分庁舎の開始式が開催されています。

現在のコロナ状況により、式典も短く、隣との距離を空けてより安全に配慮した形で行われました。

この地域の安全安心の中核施設として今後末永く地域の住民の安全安心を見守ってくれることを願っています。

 

新型コロナウイルスが全世界を絶望の淵に追い込んでいます。日本ではなんとかこの状況で踏ん張っていますが、もう限界です。一刻も早く非常事態宣言をして、2~3週間すべての活動を中止して、家の中に閉じこもるしかすべはありません。

葬儀も出来ない状況になってきているようで、本当にいつになったら落ち着くのか不安がいっぱいです。

人混みを避けてお互いに注意して毎日を過ごしましょう。

 

今日はここまでです。