新型コロナウイルスワクチンについて

更新日: 2022年 12月 07日

浦臼町におけるワクチン接種の取組

このページでは、町から町民の皆さまへの新型コロナワクチン接種に関するお知らせなどを掲載しています。
町では、ワクチン接種を希望される方すべてに接種していただけるよう取り組んでいます。
町民の皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。

【令和4年12月7日現在】

オミクロン株対応ワクチン接種について

浦臼町では、国の方針に基づき、新型コロナワクチンのオミクロン株に対応した追加接種を10月11日(火)から浦臼町立診療所にて開始しています。
オミクロン株に対応した成分が含まれるため、従来ワクチンを上回る重症化予防効果や、短い期間である可能性はあるものの、感染予防効果や発症予防効果が期待されています。
なお、浦臼町立診療所での12月の接種は、12月3日(土)で一旦休止しました。以降、令和4年12月中の接種は、予定しておりません。なお、次の接種は令和5年1月中旬から再開予定ですので、詳細が決まりましたら、広報やホームページ等でお知らせします。

○対象者
・初回(1・2回目)接種を完了し、前回(最後)の接種から3か月(※)を経過した12歳以上の方
(※)令和4年10月21日付で、国から追加接種の間隔を5か月から3か月に短縮する通知が出されました。

使用するワクチン
・従来株およびオミクロン株に対応した2価ワクチン
※現時点では、オミクロン株対応ワクチンは1人1回の接種となっています。
(ファイザー社製は12歳以上、モデルナ社製は18歳以上が対象です。)

接種券について
・初回接種完了後、3回目接種をしていない方
お手元にある3回目接種券は、オミクロン株対応ワクチン接種に使用できますので、現在、お持ちの接種券をお使いください。
浦臼町においては、3回目接種対象者にはすでに接種券を送付していますので、3回目をまだ接種していない方は、お手元に接種券があるかどうか確認をお願いします。

・3回目接種完了後、4回目接種をしていない方
60歳以上の方、基礎疾患を有している方、医療従事者に該当する方で、4回目の接種券を請求したが、まだ4回目接種をしていない方は、お手元にある4回目接種券をお使いください。
なお、59歳以下の方については、9月27日(火)に接種券を発送しました。

・4回目接種を完了した方
前回接種から3か月を経過する頃に、接種券を発送します。

接種券を紛失してしまった方は再発行しますので、保健センターまでご連絡ください。

接種日について
・60歳以上の方で、浦臼町立診療所で4回目接種をした方

接種日時を決めさせていただいているため、接種日が近くなりましたら、順次、接種券をお送りします。
予約は不要ですが、お送りしている日時で都合が悪い方、接種を希望されない方は、貴重なワクチンの有効活用のため、必ずご連絡ください。

・60歳以上の方で、町外の医療機関や施設で前回の接種をした方
前回同様、入院や入所、通院先の医療機関でワクチンを受ける方は、医療機関や施設でご相談ください。
浦臼町立診療所で接種を希望される場合は、必ずご連絡ください。

・59歳以下の方
令和5年1月接種の予約については、令和4年12月下旬から開始予定です。日程等詳細が決まりましたら、広報やホームページ等でお知らせしますので、ご確認ください。


○連絡先 
保健センター
(1)電話 0125-69-2100
(2)FAX 0125-68-2289
(3)メール vaccine5@town.urausu.lg.jp
FAX、メールによる予約時は、次の内容を記載し送信してください。後日、保健センターより折り返し連絡させていただきます。
 接種者の氏名(フリガナ)/生年月日/連絡のつく電話番号/希望内容

~接種を受けられる方へ~
接種会場である浦臼町立診療所では、通常診療とワクチン接種を並行して行っているため、待ち時間が発生する場合があります。ご了承ください。

 

北海道ワクチン接種センターについて

北海道ワクチン接種センターが、札幌市厚別区「ホテルエミシア札幌」に設置されています。
下記のいずれも、小児(5歳~11歳)接種は受けられませんので、ご注意ください。

○初回接種(1・2回目接種)または3~5回目接種のノババックスについて
令和4年10月8日(土)から10月23日(日)までの毎週土曜日・日曜日・祝日、10月30日(日)から12月18日(日)までの毎週日曜日、武田社ワクチン(ノババックス)の接種が行われます。
対象は道内の市町村が発行した1~5回目用の接種券をお持ちで、12歳以上の方です。
※12歳~17歳の方については、1・2回目接種のみ可能です。

北海道ワクチン接種センターにおける武田社ワクチン(ノババックス)の接種についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

3~5回目接種(オミクロン株対応ワクチン)について
予約は終了しました。

北海道ワクチン接種センターにおけるオミクロン株対応ワクチンの接種についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

小児(5歳~11歳)接種のお知らせ

5歳から11歳の方も、新型コロナワクチン(小児用ワクチン)の3回目接種が可能となりました。対象者には、接種券等をお送りしています。
使用するワクチンは、小児用のファイザー社ワクチン(有効成分は12歳以上のワクチンの3分の1)で、3週間の間隔をあけて2回接種、その後、5か月経過してから3回目を接種します。※小児用のファイザー社ワクチンは、従来株対応ワクチンとなります。
接種会場は砂川市立病院(砂川市西3条北4丁目1-1)、予約・お問い合わせ・キャンセルは保健センター(電話0125-69-2100)です。

12月7日現在の予約枠(初回接種用)PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

12月7日現在の予約枠(3回目接種用)PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省HP 5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせこのリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省HP 新型コロナワクチンQ&A小児接種(5~11歳)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

乳幼児(生後6か月~4歳)接種のお知らせ

生後6か月から4歳の方も、新型コロナワクチン(小児用ワクチン)の接種が可能となりました。対象者には、接種券等をお送りしています。
使用するワクチンは、乳幼児用のファイザー社ワクチン(有効成分は12歳以上のワクチンの10分の1)で、3週間の間隔をあけて2回、その後、8週間以上の間隔をおいて3回目を接種します。※乳幼児用のファイザー社ワクチンは、従来株対応ワクチンとなります。
接種会場は砂川市立病院(砂川市西3条北4丁目1-1)、予約・お問い合わせ・キャンセルは保健センター(電話0125-69-2100)です。
 

12月7日現在の予約枠PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省HP 生後6か月~4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせこのリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省HP 新型コロナワクチンQ&A乳幼児接種(生後6か月~4歳)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

初回接種(1回目・2回目接種)に関するお知らせ

今後1・2回目のワクチン接種を希望される方については、浦臼町立診療所での接種となります。
接種を希望される場合は、保健センター(電話0125-69-2100)までご相談ください。

 

新型コロナワクチン・新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせ先

・検査を受けたい方、陽性になった方、道内に旅行(出張)中に感染した方等に関する質問に関する窓口
【北海道コロナチャットボットシステム】

・ワクチンの副反応などに関する相談、副反応発生時の受診に関するアドバイス、ワクチンの有効性・安全性に関する情報提供
【北海道新型コロナワクチン接種相談センター】
電話0120-306-154(FAX 011-799-0338)

・ワクチン施策のあり方等に関する相談
【厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター】
電話 0120-761-770

・新型コロナウイルス感染症に関する一般相談
【北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター】
電話 0120-501-507

・ワクチンに関する個別具体的な相談
【ファイザー新型コロナウイルスワクチン専用ダイヤル】
電話 0120-146-744

【モデルナ・ジャパン株式会社製品情報センター スパイクバックス(COVID-19ワクチンモデルナ)専用ダイヤル】
電話 0120-793-056

 

新型コロナウイルス感染症関連

新型コロナウイルス感染症流行下においても、毎日ご自身の体調を確認することは、健康管理の観点で重要です。
Withコロナにおいて健康をまもるためにできることPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

「新型コロナに感染したかも・・・?」と思ったら。
体調に異変を感じたら~自分で検査、すばやく療養へ~PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)については、いまだ不明な点が多いですが、一部の方で罹患後症状があることがわかってきました。
症状が長引くことがあることを知っていますか?PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

ファイザー社ワクチンおよびモデルナ社ワクチンの有効期限の取扱いについて

新型コロナワクチンは貴重なワクチンであり、これをむだにせず有効活用する観点から、令和4年8月26日付け厚生労働省健康局事務連絡により、有効期限を延長して取り扱うこととなりました。

ファイザー社ワクチン(12歳以上)は、令和4年8月26日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が「12か月」から「15か月」に延長されました。

ファイザー社ワクチン(5歳~11歳用)は、令和4年4月22日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が「9か月」から「12か月」に延長されました。

モデルナ社ワクチンは、令和3年11月12日に、-15℃~-25℃で保存する場合の有効期限が「7か月」から「9か月」に延長されました。

厚生労働省HP コロナワクチンの有効期限の取扱いについてこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

新型コロナワクチン接種証明書について

令和3年12月20日から、「海外へ渡航や日本への入国、帰国時の防疫措置の緩和等の際に必要となる場合に限って申請」という要件がなくなり、マイナンバーカードをお持ちの方は、専用アプリの提供が開始され、二次元コード付き接種証明書(電子版)の発行が可能となりました。

電⼦版の発行が困難な⽅は、紙版の接種証明書を申請することができます。申請先はワクチン接種を受けた際の接種券を発行した市町村となります。(接種後に転出された場合など、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。)

接種証明書が必要な方は保健センター(電話0125-69-2100)までご連絡ください。

厚生労働省HP 新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(接種証明書)についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

【令和4年12月7日現在】